寄り添うということ。

寄り添うということ。

あなたは大切な人が辛いとき、悲しいときに誰かに寄り添ったことはありますか?

相手の気持ちを考え汲み取り、その人の心に寄り添うことができるというのはすばらしいことです。

心の寄り添いとして使う場合、「相手の気持ちを理解する」という意味合いになります。

相手の事を考え、自分の心を近づけて相手の心を理解しようとする気持ち。


しかし、人に寄って考え方は千差万別。

価値観も当然異なります。

人に寄り添う事の出来る人は、そんな様々な価値観を柔軟に受け入れることができます。


寄り添うことが出来る人は、自分とは違うということをはっきり理解した上で、柔軟にその人の考え方や価値観を受け入れることが自然とできる。

そのため悲しい時や辛い時にそっと寄り添ってくれるのです。


自分も寄り添える人になるのが今の目標です。





コメント